子供のころから悩み続けているわきがの体験談

なるべく汗をかかないようにした

ですが個人的にやはり臭いのことは気になっていました。
その頃は臭いの原因は「汗」だと思っていたのであまり運動をしないようになり、歩くのもできるだけゆっくり行うなど、とにかく汗をかくことを避けるようになりました。
中学校では1年目こそ野球部でしたが2年以降は将棋部に、体育の授業などもできるだけ動かなくていいように率先してサッカーのキーパーを申し出るなどして、なんとかバレないようにと頑張っていました。
後から聞いた話だと、みな気づいていたようなのですが、自分があまりに気にしている素振りをするので、言わないようにしてくれていたのだそうです。
本当、自分はいい友人たちに囲まれているなと、しみじみ思います。
高校生になり、こんな自分にも好きだといってくれる子があらわれました。
その子はいつも電車の車両が同じで数回話したぐらいの顔見知り程度関係だったのですが、ある日手紙を渡され告白されました。
自分は男子校だったので出会いなども一切なく、この出来事は思春期真っ盛りの自分には本当にうれしかった、天にも昇るような気持ちになりました。
その子とは週に数回連絡を取り合うようになり、映画や図書館など、ありきたりなデートを重ねていきました。
付き合い始めというのは本当に何をしても楽しいものですが、自分にとっては付き合い始めた時期が冬だったことが幸運でした。
汗をかくことがなく彼女も全く自分のわきがに気づくこともなかったのです。

急に友達から臭いとからかわれた : なるべく汗をかかないようにした : わきがのせいで彼女に振られた…

子供 わきがわきがクリームおすすめ